日常観光

手を繋ごう

a0161528_2152758.jpg


7月は義父と、実父二人の命日があります。
じめじめとした6月から7月の始めのこの季節は
私達夫婦にとって、たくさんの想いが駆け巡る季節です。

昨日は義父の命日。
お墓参りに行って来ました。
ここ数年間の私達とお店の事を
父はどんな風に感じているのでしょう。

お店を改装すると決めた3年前、私は義父の夢を見ました。
夢の中で父は昔のアルバムをめくっていました。
傍にいる母に、写真を指差しながら
「このときは楽しかったなー」と、
とても懐かしそうに話していました。
しばらくして、夫に
「ひとし、最近、店はどうだ?」
と話しかけ、
夫の「がんばってるよ」
の一言を聞いた後
「そうか、じゃあおれ行くな」
と一言残し、すーっといなくなってしまいました。

不思議な夢でしたが、
夫の言葉を聞いて、父が少し安心してくれたんだと思っています。

目覚めてすぐにその話を夫にしたら、
大きい体でうずくまり号泣していたのを憶えています。

父が亡くなってから19年、
右も左もわからず始めた写真の仕事。
夫は無我夢中であまり憶えていないと言いますが、
父の事、家族の事、店の事・・・
よく頑張ってきたと思います。

昨日はとても穏やかにゆったりと一日を過ごせました。
私達を父が優しく包んでくれているように感じました。
[PR]
by mayugeee | 2010-07-02 22:26